骨盤体操とは

スポンサードリンク

骨盤体操は、骨盤のゆがみを直すために行う体操です。骨盤がゆがんだ状態になっていると、肩こりや腰痛、めまいや頭痛などを伴ってしまうこともあるのです。これは何故かと言うと、血行障害により引き起こされるものです。さらに、骨盤がゆがんでいると、身体の見た目にも影響を及ぼしてしまいます。お尻に贅肉がついたり、太ももだけが太くなってしまったりといった悪い影響を体の各所に及ぼしてしまうのです。そこで、骨盤体操を行うことで、骨盤のゆがみをとり去り、体を内側と外側から正常に整えていくのです。

骨盤体操の効果的な方法

骨盤体操で、鍛える部分は、腰の骨になります。骨盤が何故ゆがんでしまうのかというと、歩き方、椅子などに座ったときに足を組むこと、姿勢の悪さ等があげられます。又、出産の経験が有る女性は、出産の時に骨盤が開いてしまった為、骨盤がゆがんでいるのと同様な弊害が出てしまうこともあります。最近は、産後体操として骨盤体操が有名になり、芸能人もこの骨盤体操を行うことによって、産後太りを克服している人が多数おいでです。また女性の場合、産後でなくとも排卵と月経の周期で骨盤が開いたり閉じたりします。排卵から月経に向けて骨盤が開いていくのです。ですいから、この排卵後に骨盤体操を効果的に行うと効果的であるといえます。骨盤体操はダイエットにもつながります。血行を良くするので、代謝があがり、また余計な脂肪がつきにくくなります。骨盤体操を効果的に行って、素敵なボディラインを目指しましょう。

骨盤体操のやり方

簡単にできる骨盤体操を紹介いたします。まず一つ目です。@仰向けに寝て足を肩幅程度に開いてください。次に足を伸ばしながら右と左の足の親指を触れるように近づけて下さい。この状態を保ちながら足を上に持ち上げます。目標は20cmから30cmとして、少なくとも5秒以上は保てるようにして下さい。まずは、出来るる回数から、最終的には10回程度行うようにして下さい。もう一つ骨盤体操を紹介しますこれは、大腰筋を鍛えることで骨盤を引き締める体操になります。 A片足を少し上げ次に歩幅を大きくその足を前に踏み出して下さい。この体操のポイントとしては片足を上げるときにまっすぐに立つという事です。さらに、踏み出したときは前足のひざを90度に保つことが重要となります。骨盤体操には様々な種類がありますので、自分にあったもので、苦痛のないものを選ンで下さい。

骨盤体操でダイエット

スポンサードリンク

骨盤体操でダイエット

骨盤体操で健康的にダイエットしましょう。妊娠中の方や産後の方にも最適!Shihoさんや竹内結子さんで注目されている骨盤体操、一緒に頑張りましょう!